Cyber-shot 買い替え

つい先日、発売になったばかりの Cyber-shot DSC-HX30V(以下 30V)を購入したので簡単にレビューしたいと思います。 DSC00973.JPG <このデザイン、結構好みです> 実はこのカメラの前モデル DSC-HX9V(以下 9V)を一年ほど使っていまして、写真にビデオにと大活躍しており当分買い替えなくてもいいかなぁ、なんて考えておりました。 しかし、結局買い替え。 つまりそれだけ良くなってるって事なんですよ。 DSC00972.JPG <左 30V、右 9V> 何よりありがたいのは、この世代より Cyber-shot に実装された Wi-Fi 機能。 PlayMemories Mobile. を使って直接 iPhone/iPad に画像を流し込めます。これを目当てに買ったと言っても過言ではありません。 iPhone4s になってカメラ画質がキレイになったとはいえデジカメの光学ズームや多彩な撮影機能の恩恵に与れるのは魅力です。 アプリの使い勝手も悪くありません。 DSC00977.JPG <単体で iPhone に画像転送できます> IMG_1656.PNG <アプリ側から、一枚だけ、複数枚、全画像一括転送の三つが選べます> そうそう、光学ズームも 9V の16倍ズームに比べて 30V では20倍ズームと機能アップしてます。 さらに今流行の超解像ズームで劣化を感じさせずに(デジタルズームなんで劣化はしますが)40倍まで望遠撮影ができます。 1/2.3" CMOS の 1,800万画素ということで等倍鑑賞にはとても堪えられない画質ですが、モニターで鑑賞したり L版や 2L版(下手すれば A4サイズも)位までの印刷ならそれほど神経質にならなくても十分に使えると思います。 これだけ機能アップしていながら 9V と比べて若干ですが動作がキビキビとしてるのもいいですね。 で、細かな話なんですが、このシリーズ前モデルの 9V から USB 充電に対応していました。 これで iPhone用に持ってるエネループモバイルブースターでも充電できると喜んだものの 9V ではコネクターの形状が独自の形をしており専用ケーブルでないと充電できませんでした。 しかしこのモデルから汎用の microUSB コネクターに変更になってて非常に扱いやすくなっています。 DSC00974.JPG <これでバッテリー残量をあまり気にしなくてよくなりました> このクラスのカメラは画質よりも機能性を重視して選んでいるので大満足です。 正直言えば、これ以上 画素数を増やさないでーーーー!!って言いたいところですが・・・。