iPhone の写真をどうしよう

もしも、もしもですよ Pixel 4a をメインの端末にするならまず iPhone の中に入っている写真を移さないとねって事で試行錯誤してたんですが、結局一番簡単なやり方に落ち着いたので忘れない様に書き留めておきましょう。

 ※ 最初から Pixel 4a への移行が前提であれば初期設定時に iPhone とケーブルで直結して住所録や写真データは移行できます。

 

まず、PC を使って iPhone から画像データを抜き出し、Pixel 側に書き込もうとしたんです。

  f:id:imo-digi:20200911005040p:plain

しかし写真の枚数が 2,000枚を超えるとなんか上手くいかないんですよ。

 

PC から見ると iPhone の中でも複数フォルダに別れてるし、ファイル名が同一の写真が複数あったりで時間ばかりかかって結局諦めました。

Mac の写真ライブラリー内のデータもダブりがないように上手く取り出せませんでした。

 

もっと言えば microSD に対応してくれてれば楽なんですが、両機とも非対応。

 

で、結局は iPhone に Googleフォトのアプリを入れて GoogleDrive へ一気にバックアップしちゃいました。

www.google.com

これで Pixel の Googleフォトアプリから iPhone で撮った写真も見ることができます。

新たに撮影した写真も自動でアップされます。

 

Android で写真を見ていてこれは便利だなと感じたのは、標準状態で画像ファイルの Exif 情報が表示できることですね。

写真を上にスワイプするだけで基本的な情報が表示されます。

逆になぜこれが iOS には無いんだ??

   f:id:imo-digi:20200911095702j:plain

 

そしてちょっと驚いたのは iPhone のライブフォトで撮影した画像。

予想では静止画になっちゃうか短い動画扱いになるんだろうなって思ってたんですがちゃんと「モーションフォト」という名で別扱いになってました。気がきいてる。

 

思ったより簡単、ほぼ完璧にデータが移せたことに気を良くしてたんですが、ハッと我に帰りましたね。

あ、GoogleDrive の残量!!

iCloud では無料だと 5GB の容量が割り当てられて iPhone のバックアップを取ろうとするとすぐに容量不足に陥っていました。

ですので月額 130円を払い 50GB にアップグレードして使っています。

 

GoogleDrive、今までは特に使っていませんでしたが Pixel4a のバックアップは取るように設定したはずだし、gmail のメールデータも保存されています。

その上に 2,000枚近い画像ファイルを流し込んでしまいました。

容量ぱんぱんになったかなと確認したところ、9GB ほど余っていました。

 f:id:imo-digi:20200911004441p:plain

 

無料で 15GB もあるんですね。そしてその下には魅惑の容量購入のリンクが・・・。

月 250円払えば 100GB にアップグレードできるようで、

Pixel 4a をメインに昇格させるなら契約したいところです。

 

ヤバい、どんどん Android でも大丈夫な状況に・・・。(楽しんでますけどね)