現状 torne 同梱モデルの PS3 は HDD 交換出来ない?

3月18日に発売になった torne(トルネ)と PS3 がセットになった、 『「プレイステーション 3」地デジレコーダーパック』を導入しました。 K0000080402.jpg まだまだブルーレイレコーダーは高価で、その替わりに使えるのはうれしい限り。 PS3 の内蔵 HDD は、2.5inch の SATA 規格の物なら交換出来る上に、USB 接続の外付け HDD にも録画できるようでコストパフォーマンスも高い。 今現在トルネとセット売りされているこの PS3 には 250GB の HDD が内蔵されていますが、地デジ録画にはいかにも小さい。 そこで東芝製の 2.5inch 640GB HDD「MK6459GSX」を用意して待っていました。 IMG_0221.JPG (左が初期搭載の250GB、右が別途用意した640GB。どちらも東芝製でした) 本体到着後さっそく作業開始。 手順としては、 1.外付け HDD にデータをバックアップ。 2.HDD を積み替え。 IMG_0222.JPG IMG_0220.JPG 3.Mac(PC)を使って最新のシステムソフトウェアをダウンロード。 4.そのデータを USB メモリに決まったフォルダを作って格納。   (MS-DOSフォーマットが必須) 5.PS3 の電源を入れて USBメモリを接続して指示に従う。 6.最初のバックアップからデータを復元。 かなり端折りましたがほぼこの手順で積み替えで来ます。 ところが手順5のところでトラブル発生! この段階で、画面にはこのような表示が出ます。 IMG_0223.JPG 空の HDD ですのでこれは当然です。 で、指示通りに Sony のサイトからダウンロードしたシステムソフトウェアが入った USB メモリを接続し、Start + Select を押すと以下の表示に、 IMG_0224.JPG 「見つからない??」 はい。軽くパニックです。 繋ぎなおしたりダウンロードからやり直したり・・・ 全然、ダメでした。 ここで落ち着いて考えたところ、現状 Sony から配布されている PS3 用の最新システムソフトウェアのバージョンは 3.15 だという事に気付きました。 このタイプの PS3 が要求するバージョンは、3.2 以上! 発売されたばかりのハードだからなのか、Sony が未配布のバージョンが必要なようです。 近いうちに「システムソフトウェア 3.2」は登場すると思いますが、それまで HDD 積み替えはお預けになりました。 旧モデルだとどういう状況なのかは確認していません。 そもそも、HDD増量モデルをかって即日さらに大容量の HDD に積み替えようという物好きがいるのかどうかも分かりませんが・・・(苦笑い):あくまで私の推測ですので真の原因は違うのかもしれません。) 追記 システムソフトウェアはこちらから・・・ (まだアップデートは出てないようですが 3/23 現在) http://www.jp.playstation.com/ps3/update/