Come see our latest creation. 個人的、最良と最悪。

apple によって 1月27日午前10時(日本時間1月28日午前3時)にイベントが開催されます。その名も Come see our latest creation. 新しい何かに期待しながらも、一抹の不安もないわけではありません。 色々、予想(妄想)を立てて楽しむのが apple フリークの本文だと思いますので、個人的最良シナリオと最悪シナリオを考えてみたいと思います。 まず最良シナリオ 今、現在色々な情報が飛び交っていますが、その中に液晶パネルが 2種類出てきます。それは 7インチと 10インチなのですが、ここから 2種類のデバイスが登場ってのはどうでしょう。 7インチパネルは、iPhoneOS 搭載のタブレット。 CPU は、P.A. Semiの新開発 DualCoreチップで、メモリも 1GB 積んじゃう。 電子書籍が読めて、iPhone としても使える。 通話は Bluetooth 接続のヘッドセットで行えるとか・・・。 10インチパネルは、より小型軽量になった MacBookAir! UPU は、Core 2 Duo SU9400 1.4GHz あたりが乗って、 現行モデルより性能は落ちるけど、低価格化、バッテリーでの長時間駆動、低発熱、USB増量(これ大事)などなど、本格的なモバイルMac の登場! 特に後者が欲しい! あまり想像したくはありませんが、最悪のシナリオはこうです。 ノート型 Mac は、定例の小幅な性能アップのみ。 タブレットらしき物は出るが、メインコンテンツが電子書籍主体で、日本でのビジネス展開は不透明でとりあえずアメリカのみでの販売。(日本は発売日未定iLife '10 発表。 おわり~。 まあ、MacBookPro は、Corei3 や i5 は積んでくるでしょうし、タブレット系とノートブック系の製品を同じ日に発表するのか?など、突っ込みどころは満載だと思いますが。 発表されてしまえば、妄想出来ないわけで・・・。 今のうちに楽しんじゃいましょう~。 書いてて思ったけど、宝くじ買って当選発表までの妄想に似てるな、こりゃ(苦笑)