iFrame って何? 美味しいの?

本日、iMovie 8.0.5 のアップデートが来てました。 image.jsp.png いつも通りサクッと適応しようとして、ふっと何が変わるのか気にかかり確認しました。 その内容です。 > このアップデートでは、さまざまなデバイスとの互換性が向上し、 > その他の小さな問題にも対処しています。解決される問題は以下 > の通りです > > ・iFrame ビデオフォーマットを使用するビデオカメラとの互換性の向上 > ・iPod nano で撮影したビデオを読み込む際の互換性の向上 > ・再生中に iMovie ウインドウのサイズを変更する際に起きる問題を解決 > > このアップデートは iMovie ’09 のすべてのユーザにお勧めします。 ん? iFrame ってなんだ? どうやら HTML にも <iframe> ってのがあるみたいですがこれとは違うもよう(当たり前だ!) で、見つけた記事がこちら。 アップル、新動画形式「iFrame」を発表--「iMovie」アップデート版で対応」CNET Japan この記事によると iFrame とは apple が提唱している H.264 ベースのビデオフォーマットと言う事ですが、解像度が面白いですね。 960×540 となっていて、フルハイビジョンと言われる 1920×1080 の縦横が半分。解像度としては丁度 四分の一 のサイズになっています。 そしてこの規格を採用したカメラが、Sanyo から発表になったばかりの、 VPD-HD2000AVPC-FH1A の 2機種。 sony-dual-camera-VPD-HD2000A-VPC-FH1A.jpg いやぁ~。 このフォーマットを採用した初のカメラが Sanyo のザクティーなんて面白いじゃないですか。Panasonic 傘下に入った Sanyo ですから、当然次世代は AVCHD 対応だと思っていたんですけど、まさかの iFrame 対応。 どうなっていくのか、今後が楽しみです。 現在、iFrame 対応カメラはこれだけなんですよね~。このフォーマットも今後どうなっていくのやら。 このデジカムはフルハイビジョンでの撮影も可能なようです。そのフォーマットが AVCHD なのか MP4 なのか、私の外国語力では調べきれませんでした。m( _ _ )m 個人的には、フルハイビジョンは個人が使うのにはオーバースペックと感じてまして、現在所有してる Panasonic TZ7 の動画形式 AVCHD Lite の720p (1280×720)で困った事はありません。 どちらにせよ、apple 発のこのビデオフォーマット、Mac ユーザーとしては、チェックしていかないといけないかなと思っています。