iPhone すすめ力

本日(5/19)、ソフトバンクの2009年夏モデルの発表会が東京都内で開かれました。 ITmediaさんによると、その中で孫正義社長は「日本でも全キャリアの全機種中でiPhoneがいまだに一番売れている」とおっしゃっていたようです。 当然のように新型iPhoneの話はありませんでしたが・・・。 「iPhone for everybody キャンペーン」も終了間近ということも有ってか、私の周りでも iPhone 購入検討中な人が増えているようです。  ケース1 私の相方    一所懸命勧めたのですが、指がタッチパネルに反応せず。(残念)    解決策を模索中。  ケース2 私の友人    2台持ち覚悟で相談に訪れました。「どんっ」と背中を押したかった    のですが、元々が au 使いの人なので SoftBank の電波の入りの悪さと    2年縛りの為いまいち押し切れず。    (au に比べて SoftBankだけの圏外地点がいくらかあります) iPodtouch の様な買い切りの商品であれば、買え買え光線を出す私ですが なんだか2年分の責任を感じてしまいます。 (どんな責任ですかっ?) 自分自身では iPhone の良さや有用性を理解しているつもりですが、それを人にすすめる為に必要なiPhoneすすめ力」を磨きたい今日この頃です。 さて、いよいよ来月開催される WWDC にて、iPhone OS 3.0 はデビューとなるのでしょうか? さらに噂の新型 iPhone は・・・。 私の希望的には、10インチ位の液晶に SIMカードが挿入できてネットに繋がる端末が欲しいんですけどね。 電話機能は Bluetooth 接続の受話器(ボールペンサイズ)で操作します。本体はカバンの中。 名前は「iPhone Deka」なんてどーでしょ。 う~ん いまいち!!