愛着

とある理由から、古い Mac が欲しくなりオークションなどで物色していて思うこと、それは薄っぺらいモノには愛着がわきにくいって事。 古い Mac といっても色々ありますが、私の場合、デスクトップなら iMac(CRTモデル)PowerMac(ポリタンク)まで ノートブックの場合はPowerBook G3(黒い座布団みたいの)くらいまでが愛着の対象ですね。 いずれも機体にボリュームがあった頃のものです。 今の製品群は、シンプルで切れ味するどいデザインになってますよね。 少なくとも私はそう思っています。 このデザインも悪くは無いのですが、なんだか無機質に感じてしまいます。 当然、愛着とは少し違う感情を抱かずにはいられません。 使いやすい道具・アイテム・武器  ぶき?? 武器は違うな。 apple も意図してそういうイメージを作り出しているのでしょう。 スマートでクールな企業、apple ・・・。 愛着と言う言葉とは反対方向に舵をきって突き進む apple ・・・・・・・ あれっそんな話だったっけ??(汗) まぁあれです。薄くてスマートは格好いいけど、ボリュームのあるのも素敵だってことです。(私のボリュームはこの際、関係ないです。) だから古いMacはやめて、一番欲しいのは、MacPro だと言うことです。 言いたかったのは、それかいっ!!  ※ あくまで個人の感想に基づくものです。