たのしい Cocoa プログラミング

春になると色々と始めたくなってしまう動物的な私ですが、

何を思ったか、プログラミングなどに興味を持ってしまい。

「たのしい Cocoa プログラミング」

   著者 木下 誠  出版 BNN新社

http://hmdt.jp/books/enjoyCocoa/

こんな本を買ってしまいました。

今までにも「初心者のための・・・」とか「一週間でできる・・・」とか

「超簡単・・・」など思い出したくても思い出せないほどプログラミング系の

本を買ってきた私です。

優しく近寄ってきた彼らは、あるとき突然牙を剥いて私に襲いかかってきました。

  なんのこっちゃ・・・(汗

まぁ内容が難しくって訳が分からなくなってしまったって事です。

その昔、PC-8801mk2SR を使って BASIC でプログラミングしていたのとは、

訳がちがうって話です。(それもモノにならなかったくせに・・・)

ただ今回は大それた目標を持っている訳では無く、Mac のプログラム概念を

勉強したいなぁ。

などというユルい気持ちですから気が楽です。

この本は文体が優しく話しかけられているようで、親しみやすいのはいいですね。

ただし、まだ難しいところまで読み進めているわけではありません。

はたして、いつ私に牙を剥くのか。

勝負だ!!

次回予告

 次回は、我が家の iMac の下敷きになってでがんばっているパソコンスタンド、

「Macessity Slimkey V2 Stand with USB2.0」について書いてみたいと思います。