iPhone の充電ポートについて考える

iPhone 12 が発表されました。

個人的に激しく望んでいた USB type-C(TouchID も)が採用されず涙を飲んだいもぬです。

 

今回、iPhone という、端末としてはとても良くできたアップデートだとは感じています。

全モデルが有機EL になり、省電力化にも成功し、カメラの性能や処理能力も順当に進化したようです。

6.1インチモデルは画面サイズはそのままで小型軽量化を実現し、更に小型モデルを望む人向けには iPhone 12 mini まで用意されました。

昔の僕なら飛びついてたでしょうね。

しかし冒頭にも書いたように USB-C や TouchID の不採用というモヤモヤと引っ掛かりを感じて躊躇しております。

 

今後の iPhone は

前置きが長くなりましたが、今回は Lightning 規格が延命された iPhone の充電ポートの話。

 

Apple 界隈では iPhone 次期モデル、充電ポートが廃止されてワイヤレス充電と無線通信で完結させるのではという噂が出ているようです。

普通のメーカーならそんな事はせず素直に USB type-C を採用するでしょ! と言えるところですが、あの Apple です。やりかねません。いや、おそらくそっちに舵をきるんじゃないかと思ってしまいます。

長年の Apple ユーザーの勘です。嫌な予感しかしません。

冷静に考えれば充電やバックアップ程度ならそれでいけるんだろうなと思います。

コネクタに使われていたスペースをバッテリーに置き換えれば更に駆動時間を伸ばすことも可能でしょう。

 

用途はそれだけじゃないぞ

でも待ってください、iPhone の Lightning ポートって充電だけの用途でしたっけ?

実際には色々な周辺機器の制御に使われていたように思います。

有線イヤフォンアダプタや外部モニタへの出力、midi の制御やSDカードの読み込みなんかもそうですね。

それらすべてを無線で置き換えることはできるのでしょうか?

(まぁ、出来るものも多いでしょうが)

少なくとも有線イヤフォンは使えなくなりますね。

 

CarPlay はどうなるの?

個人的に不安が大きいのが CarPlay です。

ウチのカーオーディオは CarPlay が無ければナビしてもらうことも音楽を聴くこともできません。

そして CarPlay では有線接続が必須です。

Bluetooth の通信速度では CarPlay は実現できないのではないかなぁ?

無線での CarPlay 実現のためには Wi-Fi が利用されるような気がしてます。

そうなるとカーオーディオ買い替え?!

ちょっと負担が大きいです。

 

そもそもワイヤレスになればケーブルの種類は減るのか?

もしワイヤレス充電になったとしたらケーブルが無くなってスッキリするかなと一瞬思ったんですが、よく考えたら Lightning ケーブルが USB-C to 充電パッドのケーブルに置き換わるだけで持ち物は減らないんじゃないかと思いますね。

iPhone 用にケーブルを一本余計に持ち歩くことに変わりはないのではないかと。

Apple さんには素直に USB-C 採用してほしい。本当にお願いしますよ。

IdeaPad Duet で動かす Android アプリ

早速、IdeaPad Duet を設定して使い始めました。

f:id:imo-digi:20201001222037j:plain
f:id:imo-digi:20201001224733j:plain


設定と言っても Google アカウントでログインすれば Chrome のブックマークも同期されてるし、Googleフォトも GoogleDrive も使えますから、PC で Google のサービスを利用してるのと景色は同じです。

f:id:imo-digi:20201001225236j:plain

以前はイマイチ使いこなせなかった ChromeBook ですが、この数年で大きな変化があり、それが購入動機の一つになりました。

それは Android アプリが動くようになったということ。

全てのアプリが動くというわけ訳ではないですが Android タブレット としても使えるならコスパ高いよねって思った訳です。

 

実際、Youtube や Twitter、AmazonMusic なんかは Android アプリで普通に動いています。

しかしこの辺のサービスは単独アプリじゃなくても Chromeブラウザからでも使えますよね。

 

ではゲームアプリだとどうかというと、こんな感じに Window 表示されます。

f:id:imo-digi:20201001231258j:plain

これは最近遊んでいる「アーチャー伝説」とい軽めのゲームアプリです。

キーボードを取り外して 90° 回転させるとフル画面になりました。

f:id:imo-digi:20201001231554j:plain

遊びにくいです(苦笑

普段、あまりゲームはプレイしないんですが、他にも試そうと「ドラクエタクト」というアプリをインストールしてみましたが、こちらは残念ながら起動しませんでした。

 

インストールまでに「この機種では動作しません」とかそういうのは全くありませんでしたので、IdeaPad 購入前にアプリの動作状況を知るのはかなり難しいですね。

この辺りは対応機種のレギュレーションをしっかり決めてもらいたいところです。

 

その他にも Word や Excel もアプリ版(PC版より機能が少ないみたいですが)が動きますし、Google のドキュメントとスプレッドシートは当然使えますから、office 系ソフトで困ることは無いでしょう。

(やろうと思えばブラウザで iCloud に入れば Pages や Numbers も使えますからねw)

 

現状、試したアプリはこのくらいですが、

Android アプリという事を意識させずシームレスに動くし、個別のウィンドウとして扱えるのはとても便利です。

 

もっと大きな画面が欲しくなる・・・。

ChromeBook が来た。

我が家に ChromeBook がやってきました。

 

Lenovo IdeaPad Duet ChromeBook というのが正式名称

f:id:imo-digi:20201001222037j:plain

マイクロソフトのSurface みたいですが、ChromeBook です。

本体とスタンド兼用バックカバー、フロントカバー兼用キーボードの三点セットで 4万ちょっと(税込)と iPad と比べるのが申し訳ないような価格に惹かれて購入しました。

Android スマホと連携させるなら iPad よりこちらかなと。

 

約 9年ぶりに触る ChromeBook なので本当に楽しみです。

以前の記事は残っていますが画像が消えちゃってますね。

imonusan.com

前回は国内発売前に手に入れ、全く使いこなせないうちに手放してしまいましたが今回は自宅で使うノートPCとしてかなり期待していますのでじっくり使っていきたい。

使用感や気づいたことなんかも記事にしてみたいと思います。

 

今日はとりあえず開封だけ。

NTTドコモ株(S株)をどうやって売る?

日本電信電話(NTT)が NTTドコモの株式を TOB株式公開買付) して完全子会社にすると発表しました。

通信業界へ与えるインパクトはかなり大きいでしょうし、今後ユーザーへの影響も小さくないと思います。

 

書きたいことはいろいろあるのですが、今回は今そこにある現実的なお金の話。

f:id:imo-digi:20200930173901p:plain

以前、一株だけ買ってみる?で紹介したようにボチボチと株を買っているわけですが、その中にドコモ株が入ってました。

imonusan.com

TOB の場合、市場価格よりかなり高く買い取ってもらえるのでお得ではあるのですが、市場価格自体が爆上げしてるし手続きもそれなりに面倒っぽいので「え~い、このまま売ってしまえ!」と思いまして、売り注文をかけておりました。

それがダメなんですよ。

SBIネオモバイル証券では、すでにドコモ株に関して単位株未満(S株と言います)の株の売買が出来なくなっていて、TOB に応募するのがベストな状況でした。

 

これがなかなか面倒なんですが、手順としては日本電信電話(NTT)の買付代理人に指定されている証券会社(今回は三菱UFJモルガン・スタンレー証券)の口座に株を移してから TOB に応募する形みたいです。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券には口座を持っていませんので以下の手順になります。

 

1.「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」に口座を開設

2.「SBIネオモバイル証券」から「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」に株式を移管

3.「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」に「公開買付応募申込書」を提出

4.あとは結果を待つのみ

www.sc.mufg.jp

※三菱UFJモルガン・スタンレー証券には「NTTドコモ(9437)公開買付専用口座」っていうのもあるみたいで、今後、同口座を利用しないならこちらでもいいみたいですが、フリーダイヤルのみでの受付けな上に電話繋がりません(涙

 

これらを締切日の 11/16 までに終わらせておく必要があるようです。

う~ん、なかなかに難易度が高いです。

私は数株持っていたので頑張って手続きしますが、本当に一株だけの保有なら挫けちゃうかも・・・。

 

まぁ、何事も経験です。

損をする話では無いですし、これだけの規模の TOB に関われるのも人生にそう何度もあることではないので、良い経験と思って楽しみながらやっていきたいと思ってます。

Nearby Share はAndroid版 AirDrop と言ってもいいのか?

いつの間にか私の Pixel 4a で Nearby Share が使える様になっていました。

(「ニアバイシェア」と読むらしいです)

www.youtube.com

これは Apple の AirDrop に似た機能で Androidユーザー待望の機能追加です。

つまり、データや画像、リンクやテキストなどを他者と共有できるということ。

 

まだ登場したばかりのこの機能ですが、AirDrop と明らかに違うのは転送距離が 30cm しかないこと。

これは不便なのでは?と一瞬思ったんですが、AirDrop痴漢みたいな無差別にデータを送りまくる事への対策なのかなとも思えます。

  f:id:imo-digi:20200926104632p:plain

送る(送られる)相手をはっきりと意識できるのはかえって良いかも知れません。

 

もう一つ、なんとなく気になるのは、この機能 Wi-Fi、Blutooth の他に GPS の位置情報も必要ってことなんです。端末を 30cm まで近づけるなら別の確認方法があるのでは?と素人ながらに思ってしまいます。

 

で、早速使ってみたいのですが、私の周りに Android ユーザーがいない・・・。

よく考えてみると、AirDrop にしても自分所有の iPhone・iPad・Mac 間のデータ転送が主な利用方法でした(汗

そして当然のように AirDrop との互換性はないので iOS 端末とデータを送りあうことはできません。

 

私のようにポツンと Android デバイスを使っている人間には活かし様がないわけですが、将来的には ChromeBook や Windows デバイスとのデータのやり取りにも対応する様ですし、もしかしたら iOS の Google app 内では使える様になったりするかも知れません。

 

そうなってくると自社内で完結(囲い込みとも言う)してしまってる Apple よりも応用範囲が広がる気がします。

そう考えると Google が狙っているのは AirDrop よりももっと大きなものなのかも知れません。

まぁ、そうなれば Apple も他のデバイスへの対応は進めるんでしょうけどね。

AirPods Pro のアップデート凄いかも

空間オーディオ凄い。

iOS14 とともに AirPods Pro にもアップデートがやってきました。

界隈では「空間オーディオ、すっごーーい!!」って声が溢れていますが・・・。

 

はい、凄いです。

 

音に定位置があるんですよ。

iPhone + Apple TV アプリを使って Dolby ATMOS 対応の動画を視聴してみましたが、iPhone のある場所から音が鳴ってるんです。(分かりにくいって)

iPhone に背を向ければ後ろから音が聴こえる。オーディオマニアの人にとっては常識なのかも知れませんが、結構衝撃的でした。

f:id:imo-digi:20200925102814j:plain

iPhone 探せるほど?

テンションが上がったので、ここでちょっと実験。

空間オーディオ機能で iPhone は探せるのか!

娘に頼んで iPhone をリビングのどこかに隠してもらい空間オーディオ機能で位置が特定できるか試してみました。

 

「もういいかい?」  「もういいよ」

ってことでかくれんぼ開始です。

 

これが見つからない(笑

 

どうやら、ある程度近くにいないと働かない機能みたいで、全方位から音が聴こえてくるのでさっぱり分かりません。

しかししばらくうろうろしていると、音が吸い寄せられる様に右側へ引っ張られるのを感じました。リビングの片隅、カバンをしまってある辺りから音がします。

娘に「この辺り?」って聞くと「正解!」、カバンの中に隠してありました。

だから何?って話ですが、このくらいしっかりと音が移動するわけです。

 

音の底上げ

空間オーディオはソースが限られますし、常時恩恵に与れるわけではありませんが、他にも「音」が全体的に底上げされた事もアップデートの嬉しい点でした。

低音も豊かになってますし、音圧そのものが上がった気がします。

グライコ(って今は言わないのかイコライザーですか?)ほどではないですが、音質の調整もできる様になりました。

すでにアップデート前の音と聴き比べる術はないのですが、じっくり音楽を聴こうって気にさせてくれる様に育ったイメージですかね。

 

まだまだのところも

アップデート全てが期待通りってわけではありません。

その一つが音源の自動切り替えですね。これはかなり期待していた機能なんですが、まだ不安定ですね。

成功するときもあるし、失敗するときもあります。

同じ Apple 製品でも Mac では無理っぽいですし、iPhone から iPad にはいけてもそこから更に iPhone に戻れなかったりでちょっと安定しないです。

 

今後への期待

アップデートでここまで機能が変わってしまうと、今後への期待が半端ないです。

更にオーバーイヤーヘッドホンの「AirPods Studio」の噂も絶えませんから、家で使うならコレ欲しいってなってます。ヤバいです(語彙もヤバい)

楽天モバイルの使用感

現状、我が家の Pixel 4a は、一年間無料キャンペーン中の楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT で運用しています。

Pixel 4a と楽天モバイルの両方のお試しをしているわけです。

で、今回は楽天モバイルのお話。

network.mobile.rakuten.co.jp

 

結論から言うともう完全に au です。

近隣に楽天モバイル独自エリアは無く、au のパートナー回線エリアでの通信になるので当然ですね。

通信環境としては快適です。

 

音声通話は専用アプリ経由なので不便かなぁって思ってたんですが、標準の電話アプリと置き換えてしまえば違和感なく使えます。通話し放題っていうのはある意味インパクト強です。

 

データ通信に関しては、月に容量 5GB 分の高速通信と 1Mbps の低速通信の使い分けになるのですが、正直言って低速通信モードしか使っていません。もうね、1Mbps の速度がでれば十分です。

スマホの小さい画面だと Youtube も 144p か 240p もあれば十分なのでほぼ遅延もなく視聴できますし、web を見るくらいならもう十分な速度です。

テザリングや大物のダウンロードの時くらいしか高速モードは必要ないかなと言う感じです。

もちろん動画を 480p 以上で見るなら画質に応じた待ち時間は発生します。

 

で、実際に通信速度を測ってみたら全然 1Mbps 出てませんでした(笑

  f:id:imo-digi:20200922180548p:plain
数回測って 750 から 850 の間を行ったり来たりって印象です。

あまりストレスを感じないのでいいんですけど、ちょっと釈然としない感はあります。

(まぁ、無料で使わせてもらってるので文句ありません。)

 

ここまでの感想としてはなかなか良いのかなぁ〜って感じてしまいますが、私から見えているほとんどの部分は楽天モバイルではなく au のサービスだという事を忘れてはいけません。

 

今後、楽天モバイルの独自エリアが広がってくれば au のパートナーシップから離れる時がそう遠からずやってきます。

そうなれば 700〜900MHz 辺りのプラチナバンドを持っておらず、1.7GHzの周波数帯だけしか使えない楽天モバイルは地方(特に山間部)では非常に厳しい戦いになると思われます。

一昔前にソフトバンクが演じた周波数割り当てでの戦いをまた目撃することになるのでしょうか。

 

楽天モバイルでは公式に対応を謳ってはいませんが、iPad でもデータ通信用SIM として使えますから、がっつり試させてもらいながら見守っていきたいと思います。